読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一番好きなアルバム The Zombies "Odessey and Oracle"

作品感想 音楽

私が一番好きなアルバム、これからも一生聞きつづけるだろうと思うものの筆頭が、ゾンビーズの「オデッセイ アンド オラクル」だ。

 

澄み渡っている声とピアノの音色が、生きることの活力を与えてくれる。

そして、よいことがあったときも、悪いことがあったときにも、何か私に変化があったときには、いつもこのアルバムを流してしまう。

 

このアルバムにはポジティブさしかない。

 

初めてこのアルバム、そしてゾンビーズに触れたのは、収録されている楽曲、This will be our yearからだった。

人生でなにかがあったとき、良い意味でも、悪い意味でも、これからは自分たちの時代がはじまると、この曲を聴いて思いなおすのだ。


This Will Be Our Year - The Zombies - YouTube

 

もう一つ好きな曲は、"Friends of mine"だ。

元々曲調も好きだったが、訳詞を読んだときに、Friends of mineという言葉とともに歌い上げられる恋人たちの名前にじーんとしてしまったのだ。


The Zombies ::::: Friends Of Mine. - YouTube

 

このアルバムをベストに挙げる人々は多い。

それだけの素晴らしい内容だ。

そして、評価されているというだけの権威的な理由ではなく、聴いていて本当に良いと思える、心からそう思って好きだと言えるのが、このアルバムの一番の素晴らしさなのだ。

 

もし出会った人といられなくても、確かに私「たち」の時はこれからはじまるのだ。

 

オデッセイ・アンド・オラクル

オデッセイ・アンド・オラクル