止川光学精機とそのカメラについて

野暮ですが悪影響があるといけないので明言すると、この記事の内容はすべてfakeです。 This is fake.

止川光学精機

止川光学精機(やみかわこうがくせいき、Y.K.S.)は、かつて東京都に存在したカメラメーカー。

概要

東京都北区田端北町*1に存在したカメラメーカー。所謂「四畳半メーカー」のひとつである。

1950年、群馬県出身の止川桐三(やみかわ きりぞう、1918〜1991)により設立。

止川は戦中、陸軍にて使用する光学兵器の製造に従事していた。その経験から戦後は精密機械の下請けに従事。

朝鮮戦争の勃発とそれに伴う好景気、そして二眼レフカメラスプリングカメラの製造ブームに乗り、自社製カメラの製造に乗り出した。

販売は世田谷区松沢に所在した辺良商事(へらしょうじ)が代理店となり、低価格を武器に、主に入門者を販売対象とした。そのためカメラ誌への広告掲載は比較的少なく、新製品ページへの紹介もない。

1950年代中盤になり、大手・中堅メーカー製品の価格が低下してくる中で、代理店の辺良商事が倒産。そのあおりを受け、止川光学精機も閉業を余儀なくされた。

跡地は現在、コインパーキングとなっている。

製品一覧

120フィルム使用カメラ

スプリングカメラ

ブロン(Bron、1950年)

試作機。6x6判。連動距離計を搭載している。レンズはYamikawa Anastigmat 7.5cm F3.5を搭載している。

リスカシックスI(Lisca Six I、1951年)

止川光学精機初の市販製品。120フィルム使用、6x6判。レンズはKie Tainar 7.5cm F3.5(3群3枚)で、前玉回転式である。

シャッターは自社製のY.K.S.(1/200〜1秒)を使用。

試作機のブロンで採用された連動距離計を製作技術の面であきらめ、単体距離計装備としている。 取り外し式の内枠によりセミ判に切替可能であり、赤窓は6x6判用とセミ判用双方が設けられている(以降の機種も同じ)。

セミリスカ(Semi Lisca、1952年)

セミ判専用の廉価機。シャッター、レンズはリスカシックスIと同一。距離計はなく、素通しのビューファインダーを軍艦部に設置している。

リスカシックスII(Lisca Six II、1953年)

リスカシックスIの小改良型。基本的なスペックは同一だが、銘は同一ながらシャッターが改良され、最高速が1/300秒となった。

リスカシックスS(Lisca Six S、1954年)

リスカシックスIIの上級機種。レンズがShiny Tainar 7.5cm F3.5(3群4枚)のヘリコイドによる全群繰り出しとなり、描写が向上した。

距離計も連動式に改良されている。

また、赤窓式のままではあるが、レリーズに連動してファインダー内に赤ベロによる警告を表示するよう改良されている。

リスカシックスSII(Lisca Six SII、1955年)

広告でのみ写真が確認できる後継機。広告上での記述*2によれば、自動巻き止めを採用しているとのこと。

35mmフィルム使用カメラ

ヤミー35(Yammy 35、1952年)

レンズシャッター機。レンズはKie Tainar 5cm F3.5で、前玉回転式。

シャッターはY.K.S.(1/200〜1秒)を装着。

距離計は搭載しておらず目測。

巻き上げ・巻き戻しはノブ式。セルフコッキングではないが、多重露光は防止されている。

ヤミー35 II(Yammy 35、1955年)

レンズシャッター機。

レンズはShiny Tainar 5cm F3.5で、ヘリコイドによる全群繰り出し。

連動距離計内蔵、セルフコッキング。

巻き上げはレバー式(1回巻き上げ、分割不可)、巻き戻しはノブ式。

参考文献

『カメラ時代 1952年8月号』 新しい生活社、1952年

『国産カメラ工業統計 1953〜1954』 日本光学機器連合会、1954年

『カメラ時代 1955年2月号』 新しい生活社、1955年

『レトロカメラ専科No.31 四畳半カメラの時代』 民明書房、1988年

民明書房大全 (ジャンプコミックス デラックス)

民明書房大全 (ジャンプコミックス デラックス)

大嘘

大嘘

*1:現在の田端新町8丁目

*2:カメラ時代 1955年2月号 p106