富士フイルム フジカ35ML

f:id:kakakauchi001:20171215110100j:image

 

富士フイルムのフジカ35MLというフィルムカメラを買いました。

 

新宿の某店でジャンクで300円、しかし状態はなかなかよいです。

 

 

 

フジカ35ML

 

 f:id:kakakauchi001:20171215110110j:image

1958年製。

 

1957年に富士フイルムが初めて発売した35mmフィルムカメラのフジカ35Mを、ライトバリュー式にした機種です。

 

レンズはF2とF2.8があるようで、ネット上には45mmとも50mmとも書いてあって一定しないのですが、自分が手に入れたのは45mm F2です。

 

ライトバリュー式はあんまり好きではないのですが、シャッターを先に決めて絞り優先的に使うならまあいいか、という感じです。

 f:id:kakakauchi001:20171215110119j:image

距離はレンズ鏡筒ではなく背面ノブで合わせます。

f:id:kakakauchi001:20171215110147j:image

巻き上げレバーは下面にあります。

 

フジカ35MLの軽修理(レストア)

 

レストアというほどのことはないのですが軽く整備しました。

 

状態は、距離計も無限遠が出ているし、シャッターも低速含め完璧です。

f:id:kakakauchi001:20171215110311j:image

 

唯一、ファインダー接岸窓のプラにヒビが入っていました。

 

f:id:kakakauchi001:20171215110319j:plain

 

問題だったのがレンズで、ありがちですが微妙にカビていました。

 

とりあえず前玉を外し、無水エタノールで清掃。

 f:id:kakakauchi001:20171215110358j:image

 

前玉にはカニ目がありますが使う必要はなく、適当なゴム手袋を当てるだけで簡単に回りました。

 

幸い前群と後群の内部はきれいだったので、

それぞれの前部後部を拭いて終了です。

 f:id:kakakauchi001:20171215110434j:image

 

フジカ35MLは端正なレンジファインダー

 

f:id:kakakauchi001:20171215110449j:image 

この時代のフジカは以前から欲しかったので、こんな破格で完動品が手に入り嬉しいです。

 

フジカは35Mと35MLのシンプルなデザインが至高で、35SEまで行ってしまうとニコンSPを意識したデザインは悪くはないけどセレン露出計が邪魔、フジカオートMは醜悪で無理です。

 

やはりカメラは、露出計のないレンジファインダーがよいですね。

 

 

 

レンジファインダーカメラのすすめ

レンジファインダーカメラのすすめ