読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サン=テグジュペリ 「夜間飛行」

作品感想 書籍

サン=テグジュペリの作品を読んだことがなかった。

星の王子さま」も読んだことはない。

 

いま、新潮文庫で「夜間飛行」(南方郵便機を併録)を読もうとしたのだが、半分も読まないうちに辛くなり断念した。

それは、この小説が過酷だからである。

 

確かにリアリズムなのだろう。

だが、働くという描写、任務があるという描写、理不尽な圧迫により生を得る描写を、わざわざ余暇に読む小説でまで感じたくない。

現実の過酷さ、辛さ。裸の描写をわざわざ読むことはできなかった。

 

あとがきだけは先に読んだが、基本的に過酷さは変わらないようだ。

本作に描かれている人生観を受け入れて読むことができるほど、私の精神が強くないのかもしれない。

 

ただ興味深かったのは、堀口大學という名前だけは知っていた文学者の訳文が、想像以上に現代的だったということである。

 

 

夜間飛行 (新潮文庫)

夜間飛行 (新潮文庫)